楽器 |椿音楽教室|新宿・池袋など

STAFF BLOG講師ブログ

【あなたの見ている楽譜は?】

あなたには楽譜がどう写ってみえているだろうか?   現在、演奏会に向け三善晃作曲の『八つの歌』という曲を練習している。 この曲は、フルート8本で演奏するとても難易度の高い曲。ピッコロやアルトフルートへの持ち替えもあり、筆者含…

続きを読む

【コード学習の勧め】

ポップスをやりたい方は、コードを勉強するといいのではないでしょうか。 コードと言えば、ギターやピアノが思いつくのではないでしょうか。 ギターの場合、最初は簡単なコードを押さえることから始まるかと思います。 C、G、Aなど。ローコード…

続きを読む

【仲間と一緒に音楽を作り上げる】

皆さんが楽器を始めるきっかけは何でしょうか? 誰かが演奏している姿を見て「かっこいい!」と思って始められる方もたくさんいらっしゃるかと思います。 では、楽器を始める時に、何を目標にしてやろうと思いますか? 「少しやってみたかっただ…

続きを読む

【演奏しやすい調】

皆さんは調性という言葉を聞いたことがありますでしょうか? ハ長調という言葉は皆さん聞いたことがあると思います。ピアノでいうと、白鍵だけで「ドレミファソラシド」を弾く時の調ですね。 でも、ピアノには黒鍵もありますね。ドではなく、別の音か…

続きを読む

【3月19日】

こんにちは。椿音楽教室です。 乾燥が続き、保湿が欠かせない毎日ですね。。。 風邪、特にインフルエンザにかからないよう自分に見合ったケアで寒い毎日を乗り越えましょう! さて、話は変わりますが、皆様は楽器を演奏することによって、どの…

続きを読む

【私の恩師たち】 ~椿音楽教室~

 私は小学校二年生からフルートを習い始め、当時マンツーマンではなく、グループ授業の形で、フルート講師Ho(ホ)先生に教わっていた。ちなみに、Ho先生は若い頃日本に私費留学し、武蔵野大学のフルート専攻出身で、日本語はぺらぺらだ。現在は音楽大学…

続きを読む

【IMSLP②】~椿音楽教室~

畑を選べない、あるいは選ばないことが悪いことでは全くないし、話の本題ではないから自身の悩みはこれくらいにしておくが、今回はオーケストラルな楽曲を作りたい、あるいは研究、演奏してみたいという方に便利なサイトを紹介する。それがタイトルにもあるI…

続きを読む

【ハープ②】~椿音楽教室~

実は、ハープは1オクターブの間に弦が7本しかなく、足下に付いているC〜Hの七つのペダルを操作して音をフラットさせたりシャープさせたりする構造だ。なので、ピアノのように指に届く範囲全ての音を出せる訳ではなく、すぐ隣の音は出せない、ということも…

続きを読む

【ハープ③】~椿音楽教室~

ハープは(他の楽器にも言えることだが)とてもデリケートで、現に直接手が触れていなくてもペダルを踏み替えるときに音が鳴ってしまう構造らしい。奏者曰く、「野外での演奏のときは風が吹いただけでも弦の音が鳴ってしまう」とのこと。音の澄みやかさに違わ…

続きを読む

【ハープ④】~椿音楽教室~

余談だが、ハープの音を生で聴いていて一つ面白かったのは、弦が指に触れる瞬間のノイズがクラシックギターとそっくりなのだ。耳に届く音はギターとハープではまるで違うが、やっぱり同じ弦を弾く仲間同士であることには間違いない。

続きを読む

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す