渡辺 聡 講師で評判の初心者でも安心なレッスン|椿音楽教室

drum

渡辺 聡Watanabe Atsumu

元々ドラマーだった父の影響で、3歳の頃よりビートルズやディープパープル、J-Popなどの音楽に触れ、小学校4年生の時に親戚から借りて聴いたYMOのカセットテープとマイケルジャクソンのレコード盤がその後の人生を決定付ける事となる。

思春期に入ると和洋折衷で様々な音楽を聴く経験を重ね、中学校3年生の高校受験勉強がスタートするタイミングで、ミュージックステーションに出演した元祖ビジュアル系ハードロックバンド=X(後のX JAPAN)のYoshikiのパフォーマンスに衝撃を受け、
周りが勉学に勤しむ中で一人
ドラム(音楽)の道を歩む決心をする。

高校へ入り友人達と組んだバンドでのライブ活動を続ける傍ら、10代でXの曲をほとんど叩けるくらいになっていた腕が買われ、ハードロックやヘヴィメタルをメインに社会人のバンドのヘルプでもライブ活動を行うようになる。

その後、ロックを中心としたドラムスタイルに限界を感じ始めていた時期に、折しも90年代の日本へ本格的な上陸を果たしたヒップホップやR&B、レゲエなど、アメリカのストリートカルチャーに根差したクラブミュージックとの出会いを機に、それまでほぼロック一辺倒だった音楽との向き合い方やドラムのスタイルが一変し、DJプレイを中心としたクラブカルチャーにどっぷりと浸かり始める。

20代前半の時に見たPeter Ersine Trioのジャズライブで、繊細かつ大胆でエレガントなドラムプレイに衝撃を受け、その後の自身のドラムスタイルにおいて目指すべき
方向性が決定付けられる。

その後は独自の音楽研究の土台形成を目的に世界中の主要な各ジャンルの名曲を一通り吸収すべく、アナログ盤で音楽を聴く経験を重ね、自己の音楽的な引き出しをとにかく増やす事に集中。20代の10年間で約3500枚のレコードを収集しリスニング経験を積む。

30代に入り今度は当時のイギリスのムーブメントを発端としたクラブジャズカルチャーが世界中のアンダーグラウンドなシーンを席巻するようになり、ドラム/DJ両面で様々な
種類のジャズに触れる経験を通して、ブラックミュージックのより深く濃密な世界を貪欲に吸収する。結果、30代の終わりまでに通算で約4000枚のレコードリスニング経験を得た。

36歳の時に自身のドラマーとしての腕を試すため、都内の音楽教室の求人に応募したところ、最終の社長面接で質疑応答/実技審査までの約15分で採用決定。オペラやその他多くの音楽に触れて来た社長から演奏テクニックや身嗜みまでを含め評価され、No.1講師になる可能性があるから頑張るようにとの激励を受け、高倍率の求人を突破し自身の中でもドラマーとして一つの結果を出せた事を確信。教室在籍時は10代から70代まで、最大時で約40名の受講生のレッスンを担当し好評を得る。

翌年、自身の音楽の感性に更なる磨きをかけるため、単身渡米。ロサンゼルスの中でも全米中、世界中から人の集まる観光地、サンタモニカにて
アメリカ人女性とルームシェア生活を開始。同時に、世界的に密かなトレンドであった
50年代アメリカのR&Bの音を吸収すべく、現地のレコード店で7インチのアナログ盤を
中心に収集を進め、貪欲な音楽の吸収に励む。米国本土ならではの豊富なストック量と
スタッフの深い音楽の造詣に触れ、ビザの切れる約3ヶ月後に帰国。

40代までに主要なジャンルを一通り押さえたタイミングでEDMというジャンルが世界の
音楽のトレンドを牽引するようになり、大規模な野外フェスや大型のクラブでプレイされるパワフルなサウンドに、
DJやクラブミュージックの持つ無限の可能性を再確認し、現在ドラマー/DJの二刀流のスタイルで音楽活動を継続中。

先頃、鎌倉を舞台にした映画「怪獣カマクラ」のエンディングテーマのレコーディングにドラマーとして参加。DJとしてもこれまで、出身地である栃木県のカフェやバー、洋服店のイベント等でプレイする他、2016年に開催された某企業のクリスマスパーティーに招聘され、博多にある
日本初のデザイナーズホテル=IL PARAZZOにて200人規模のパーティーでプレイ。ジャズやサーフミュージック、ヒップホップ、EDMなど、固定概念に捉われずその場の雰囲気にフィットしたエクレクティックな選曲で好評を得る。

その後、自身の音楽的表現の幅をさらに広げるべく、手持ちのスマートフォンアプリ
のみで制作した楽曲の配信を開始。今後は海外でのプレイや海外のレーベル等との
契約を目指し、現在活動継続中。

2020年1月、沖縄のFMうるま出演に伴いうるま市や沖縄をテーマに制作した楽曲
「urumA」も同時にYoutubeでの配信がスタート。
続いて翌月2月に群馬県の
FM桐生出演に伴い制作した
楽曲「2nd flight」の配信も
開始。

更に、音楽という素晴らしい生き物を世界中の人達のパートナーにしてもらう事を目指し、スマホ一つで作曲レクチャーを行う「スマホ作曲Liveレクチャー」をZoomで開講。
同時期に数年ぶりのブランクを経て、DJ経験での
豊富な音楽的引き出しを活かし「世界中の音楽を丸ごと体感出来る」オンライン対応型の新しい形のドラムレッスンをスタート。

2020年6月、オリジナル楽曲9曲入りの
1stアルバム「Beginning」をリリース。
2021年に次作2ndアルバムのリリースを目指し、現在鋭意制作中。
渋谷区在住。

対応エリア

  ほか
詳しくはお問い合わせください。

drumの講師一覧

  • 石 聖柱Soku Sonju

    韓国でMBC Music School、SoriBada Music School、 Cricen Mus…

  • 菖蒲田 義大Shoubuda Yoshihiro

     尚美ミュージックカレッジ専門学校管弦打楽器学科を卒業後アカデミー学科に編入しクラシック、現代音楽を主に幅…

  • 安井 鉄太郎Yasui Tetsutarou

    京都に生まれる。 15才の時YAMAHAのコンテストでベストドラマー賞 16才からドラムをYAMAHA…

  • 東 岐Higashi Takashi

    1991年12月19日生まれ。 17歳からドラムを始め、その後東邦音楽大学へ進学しクラシックを中心に学ぶ…

  • 原 孝之Takayuki Hara

      1985年 音楽専門学校メーザーハウス入学 ドラム科で日野元彦氏に師事 1988年 同校卒…

  • 宮下 奨平Miyashita Shohei

    6歳からピアノ、中学生から打楽器を始める。 武蔵野音楽大学器楽科打楽器専攻卒業。 大学卒業後は陸上…

  • 関口 孝太郎Sekiguchi Koutarou

      大学入学後、18歳から友人に誘われドラムを始める。 以後練習を重ね多くのバンドでのドラム…

  • 外山 諒太Toyama Ryota

    10歳からドラムを始め、某音楽専門学校を卒業。 在学中にドラマの主題歌を担当しメジャーデビュー。 その…

  • 渡辺 聡Watanabe Atsumu

    元々ドラマーだった父の影響で、3歳の頃よりビートルズやディープパープル、J-Popなどの音楽に触れ、小学校…

  • 北村 和之Kitamura Kazuyuki

    L.A(ロサンゼルス)生まれの宮崎育ち。 日本大学芸術学部音楽学科卒業。 8歳よりピアノ、絵画、彫刻に…

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら