【世界に誇れる日本のピアニスト】 | 椿音楽教室

STAFF BLOG講師ブログ

2018.04.28

【世界に誇れる日本のピアニスト】

皆さん、こんにちは。
椿音楽教室です。

今回は、とても有名な天才ピアニストのお話をしたいと思います。

引用:http://www.nobupiano1988.com/

それは、辻井伸行さんという全盲のピアニストです。
1988年に東京で、小眼球症(しょうがんきゅうしょう)という眼球の先天的な疾患をもって生まれました。

辻井さんは幼少の頃よりピアノの才能に恵まれ、なんと10歳でオーケストラと共演してデビューを飾ります。
そして2009年6月、アメリカ、テキサス州フォートワースで行われた「第13回 ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人として初の優勝を果たし、以降は日本の主要コンサートホールでのツアーをはじめ、アメリカ、ドイツ、スイス、イギリスなど、数多くの国々でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、日本を代表するピアニストの一人として国際的な活躍をされています。

彼がどうしてこんなにも多くの聴衆を魅了するのか、それは彼の演奏する姿勢も一因していると思います。
作曲家たちへ敬意をはらい、どんな気持ちで曲を書いたのか理解に勉めたうえで彼なりの表現をする、その丁寧な姿勢が聴き手を引き付けるのではないかと思います。
そして、どんなプレッシャーがあろうと、演奏を楽しんでいるところが本当に素晴らしいです。曲の世界に没頭し、聴き手を夢中にさせるパフォーマンスは正に、世界に誇れます。

目の見えない彼が、何故、世界に誇れるピアニストへと成長していったのか、そのきっかけには彼のお母様である辻井いつ子さんの存在がありました。
彼女は言います。
「子供の才能に気づき、きっかけを与え、様々な体験をさせてあげることが大切。」
「どんな子にも才能があり、そして、それを最大限引き出してあげるのが親の役目。」

「辻井伸行」という天才ピアニストには才能がありました。
でもその才能は、いつ子さんがきっかけをつくらなければ、彼一人では開花しませんでした。

幼いころは何を始めるのにも、きっかけを与えてくれるのは大人です。
大人になれば、あなた自身がきっかけを作り、与えます。

できるかできないか、そんなことで悩まず、まずはきっかけを作ってみてください。
もしかしたら、お子様にとって大切なターニングポイントになるかもしれません。
もしかしたら、あなたにとって、とても好きなことになるかもしれません。

確証がなくても、いいじゃないでしょうか。楽しめればそれで。
嫌なら辞めてしまってもいいんです。

「もしかしたら」に期待してみてもいいと、わたしは、そう思います。

参考サイト:辻井いつ子の子育て広場【http://kosodate-hiroba.net/】
参考サイト:辻井伸行Official Web Site【http://www.nobupiano1988.com/】

*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**

椿音楽教室 – 好きな時間に、好きな場所で‎♫

24時間365日、60分間の無料体験レッスン受付中♫

詳細はこちらからどうぞ♫

*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら