【絶対音感 ある声楽講師のつぶやき】 ~椿音楽教室~ | 椿音楽教室

STAFF BLOG講師ブログ

2016.10.01

【絶対音感 ある声楽講師のつぶやき】 ~椿音楽教室~

絶対音感

私は絶対音感を持っていますが、絶対音感は生まれ付きのものではなく、習得する物です。
私には小さなころ行っていた絶対音感を養う「遊び」がありました
夜のピアノ練習が終わったあと照明を消して、母がピアノで音を弾き、私はその音の名前を答えます。わたしにとってはゲームなのですごく楽しい時間です。
この訓練を続けると小学校一年生の時には音の高さを認識することができるようになっていました。でも自分の口から指定された音の高さを正確に歌うことはできませんでした。
そんな頃私は合唱団に入りました、毎週2時間の練習がありそれはとても楽しいものでした。そんなある日、1つの曲を暗譜している最中の事です。
突然に頭から音の高さが付いてきたのです。初めてピアノに頼らなくても自分の口から正確に音の高さを歌う事ができたのです。そのあと毎日のように自分で練習をして、だんだんと上手く音が取れるようになっていきました。
私は自分がピアノを弾く中で絶対音感を習得するができたのだと思っています。ピアノのような固定音を持つ楽器を演奏する人は練習しながらだんだん音を覚えていきます。絶対音感の習得について、楽器専攻の人は声楽専攻の人より身につき易くなります。
ですが器楽奏者に限らず、声楽の人も絶対音感を持っているととても便利です。例えば伴奏がなくて自分で音を取る時。私は高校生の時、地元の合唱団に参加して、合唱団のメンバーと一緒にオーストリアで無伴奏コンサートをやりました。その時私は曲が始まる前に各声部の音を歌いました。私はこんなことをするのがとても楽しかったです。それだけではなく、絶対音感を持つと色々な曲の耳コピーもできます、好きな音楽の楽譜が見つからない時にはいつも自分で採譜をします。これは本当に便利な技能です!また、絶対音感があることで音楽の記憶力も上がっています。直接耳から頭までメロディを伝達するので覚えやすくなるのです。また、多声音楽を聴く時も複数の声部の進行をはっきり聴くことができ、自分の演奏も上手くなります。
絶対音感はあまり難しいことではありません。絶対音感は音楽学習者にとってとても大事な技能です、習得したい方是非一緒に頑張りましょう!

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す