トランペット講師の気になる年収と必要な資格 | 椿音楽教室

公開日:2021.09.15 更新日:2021.09.27

トランペット講師の気になる年収と必要な資格

トランペット講師の気になる年収と必要な資格

トランペット講師の年収や収入

トランペット講師の年収や収入は雇用形態や月間で働く時間によりますが、平均で月10万円~20万円程度です。

 

講師として働いている方のほとんどは、個人で演奏活動をしていたり、主婦や学生の方も多いのでアルバイトや業務委託での求人が多く、時給は高いが長い時間働ける訳ではなく、月での収入はやや低くなってしまう背景があります。

 

また、ピアノ講師やギター講師に比べて求人数も少ないので、自分の希望する条件で採用される事も難しいです。働き先を探す場合は、学生時代の先生や知人の紹介で探す事も視野に入れて探してみましょう。

 

トランペット講師になるのに必要な資格とは

トランペット講師になるのに必要な資格はありません。しかし、大手のヤマハや楽器メーカーの音楽教室でトランペット講師として活動したい場合、講師採用試験に受からなければいけません。難易度は音楽大学卒業程度の知識があれば合格できると言われていますが、しっかりと事前に対策する必要があります。

 

大手の音楽教室で働く事にこだわりがなければ、トランペットの演奏経験があれば採用してもらえる教室が多いです。講師未経験でも募集している教室もあるので、講師の経験がないと働けないという事もありません。

 

トランペット講師になる2通りの方法

実際にトランペット講師になる方法は2通りあります。ですが、自分のライフスタイルや目指している物によっても、選ぶべき働き方が変わるので、それぞれの特徴を理解して選ぶようにしましょう。

 

この特徴を理解せずに、働き始めてしまうと「思っていたのと違う」となってしまう事があるのできちんと理解する必要があります。自分の周りに、トランペット講師として活動されている方がいたら話を聞かせてもらうのも良いかもしれません。

 

音楽教室のトランペット講師になる

講師の経験がない方や音楽大学の在学中に講師採用試験を受けた方の多くが、トランペット講師になるために就職されるのが音楽教室です。未経験でも講師としての経験を積む事ができ、おすすめの方法でもあります。

 

講師採用試験を受けてから働く場合の就職先は、大手の音楽教室だと思いますが、正社員での採用も多く9:00~18:00のフルタイム勤務が基本になります。給与形態は、自分の担当する生徒の月謝の60%程になる事が多いです。講師の経験を積めばこの割合も大きくなっていきますが、担当させてもらえる生徒が増える事はないと思った方が良いでしょう。なので、思っていたよりも給料が高くならない場合がほとんどです。

 

大手の音楽教室でない場合は、業務委託やアルバイトでの採用が多いです。働いている方も、主婦の方や学生、演奏活動をしながらという方が中心になっています。正社員ではないので、シフト制によってレッスンを行った時間に対する時給として、給与が支給されます。時給は1,600円~3,000円と高いですが、月に5日しか働けないや、あまり長い時間働く事ができないというデメリットがあります。しかし、自分の生活に合わせて働く時間を決められるので、本業や家事、学業との両立もしやすいメリットもあります。

 

音楽教室で働くと一言で言っても、雇用形態や働き方によって給与や時間にかなり差が出てしまうので、自分に合った働き方を事前に考えておく必要があります。

 

現在、椿音楽教室でもボイトレの講師を追加募集しています。少しでも気なる方は下記のページからお気軽にご応募くださいね♪

 

個人のトランペット講師として活動する

トランペット講師の経験が既にあり、音楽教室での働き方に不満を抱いている方等には、個人でトランペット講師として活動する事をおすすめします。

 

音楽教室でトランペット講師として働く場合、どうしても収入が低くなってしまったり、フルタイム勤務によって時間を拘束されてしまいます。個人で活動すれば、好きな時間に働く事ができますし、生徒の月謝の全てが自分の懐に入るので収入を上げやすいです。しかし、個人で音楽教室を開く場合、場所を確保する必要があったり、生徒を自分で集客しなければいけません。この集客や場所代等の経費がかさんでしまって、途中で諦めてしまう方も多いので、事前に計画を立ててから行動するようにしましょう。

 

トランペット講師の仕事内容

トランペット講師の仕事内容の基本は、トランペットのレッスンです。これは正社員でもアルバイトでも変わりません。正社員の場合や音楽教室によっては、このレッスンの他に楽譜の準備やスケジュールの管理、生徒の集客も業務内容に入ってくる場合があります。

 

音楽教室によっても仕事内容の範囲は変わってくるので、面接の段階等で事前に把握しておく事が大切です。生徒の集客も担当する場合、個人で活動した方が合理的な時もあるので注意しましょう。

 

トランペットを教えられる人は少ない

ピアノ講師等と違って、トランペットを教えられる人は少ないです。そもそもの演奏人口もピアノに比べれば少ないですが、講師はさらに少なくなります。トランペット講師の求人が少ないのも通ってくれる生徒の数が少ない事が原因にあります。逆に言うと、講師のライバルも少ないという事です。他に学べる場所がないからその音楽教室に通っているという生徒も少なからずいます。

 

講師として十分な能力を身に付ければ、生徒がきちんと付いてくる職業とも言えます。トランペットの演奏経験があり、講師に少しでも興味があるのであれば一度挑戦してみてください。

 

関連コラム

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら