オーボエ講師になるのに必要な事と仕事内容 | 椿音楽教室

公開日:2021.10.25 更新日:2021.12.23

オーボエ講師になるのに必要な事と仕事内容

オーボエ講師になるのに必要な事と仕事内容

まず、オーボエを演奏できる人はピアノなどの楽器に比べて多くいらっしゃいません。そのオーボエを演奏できるというスキルを存分に活かせるのがオーボエ講師という職業です。

 

この記事では、そんなオーボエ講師になるために必要な事や仕事内容について分かりやすく解説していきます。

 

オーボエ講師になるためには?

オーボエ講師として働くには、音楽教室でオーボエ講師として働く方法と、個人で教室を開いて講師活動をする方法の2つの方法があります。ここでは、この2つの方法について詳しく紹介していきます。

 

音楽教室で働いて経験を積む

オーボエ講師として働く一つの方法として、音楽教室で働き始める事をおすすめします。この方法は講師の経験がない方でも気軽に働き始める事ができます。大手の音楽教室でなければ未経験からでも働ける音楽教室も多くありますし、未経験向けの研修などを用意している音楽教室もあります。大手の音楽教室の場合は、採用試験があったり講師の経験が求められたりするので、未経験の方には働き始める際の難易度は高いかもしれません。

 

なので、初めは大手ではない音楽教室で働いて、講師としての経験を積み、大手の音楽教室にキャリアアップしても良いでしょうし、個人で教室を開いてみるのも良いかもしれません。未経験の場合はとりあえず、近くの音楽教室などで講師として働いてみる事をおすすめします。

 

また、オーボエ奏者として活動しながらできる副業を探している方、主婦の方や学生の方にもおすすめします。大手の音楽教室でなければ、業務委託やアルバイトでの採用がほとんどなので、自分の好きな時間に働く事ができます。なので、本業や家事、学業などの時間も確保しつつ講師活動を行う事ができます。自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのでおすすめです。

 

個人で教室を開く

既に、講師としての経験があったり、オーボエ奏者としての知名度が十分にある場合には個人で教室を開いてオーボエ講師として活動する事をおすすめします。個人で教室を開いて活動する事で通ってくれる生徒の月謝のほとんどを自分の収益にできるので、高い収入を得る事が可能になります。しかし、個人で活動する事には当然、リスクもあります。自分で生徒を集客したり、集客するための広告費、レッスンを行う場所代、光熱費や交通費などを自分で払わなければいけません。十分に生徒を集客できないとこのランニングコストだけがかかってしまって教室を運営する事ができなくなるので、慎重に行う必要があります。

 

しかし、現在はYouTubeやSNSを上手く活用する事で集客もできたり、オンラインで講義する事によってランニングコストの削減も期待できるので、対策の方法はいくらでもあります。個人で活動するべきかどうかの一つの判断基準として、自分で集客できるかどうかを視野に入れて考えてみても良いかもしれません。

 

オーボエ講師として活動するのに大切な事

オーボエ講師として活動するのに大切な事は、生徒に寄り添った指導を行う事です。講師としてオーボエを演奏する魅力を伝える事は勿論大切ですが、それだけでは成り立ちません。なぜなら、教室に通ってくれる生徒には、子供や学生、サラリーマンの方や主婦の方など、さまざまな人がいます。そして、その生徒達それぞれに違ったやりたい事や感じている課題などがあります。このやりたい事や感じている課題に寄り添った指導ができないと、生徒のモチベーションの低下に繋がり、教室にも通ってくれなくなり、オーボエを演奏できるようにするための練習すらもやめてしまうかもしれません。なので、きちんと生徒に向き合って対話をして一人一人に寄り添った指導をする事が重要です。

また、初心者の生徒さんは楽器のメンテナンスが必要かどうかやリードの良し悪しがわからない方も多くいらっしゃりるのでで、リードの選び方や楽器に調整が必要なのかの見極めてあげることも大切です。

 

オーボエ講師の仕事内容

オーボエ講師の主な仕事は、他の音楽講師と同じように、生徒にオーボエの演奏の仕方を教えるレッスンですが、音楽教室によっては生徒のスケジュール管理、練習する曲の選定、楽譜の印刷、イベントの企画なども仕事内容に入っている場合があるので、事前に音楽教室の採用担当者に聞いたり、求人情報を入念に確認した方が良いでしょう。

また、初心者の生徒さんは楽器のメンテナンスが必要かどうかやリードの良し悪しがわからない方も多くいらっしゃります。なので、リードの選び方や楽器に調整が必要なのかの見極めをしてあげることも仕事内容のひとつです。

 

オーボエ講師の収入

オーボエ講師の収入は、大手の音楽教室で働く場合と大手ではない場合などでも異なります。大手の音楽教室でない場合は、業務委託やアルバイトでの雇用が多いので、時給で給与が支払われる事が多いです。時給は平均にして1,500円~2,000円である事がほとんどです。年収としては100万円~200万円になる事が多いですが、本業で演奏活動をしていたり、主婦の方や学生の方なども多いので、まとまった時間を作る事ができない方や本業の仕事の合間にやりたい方向けになっていると言えます。

 

大手の音楽教室で働く場合、主に正社員として雇用されます。年収は300万円程度である事がほとんどですが、自分のレッスンで抱えている生徒の数が、成果報酬として上乗せされる事もあります。

 

オーボエ講師は魅力のある職業

オーボエ講師は、奏者と違い、華やかな仕事であると言えないかもしれません。しかし、オーボエを演奏する魅力を実際に伝えられる職業はオーボエ講師だけです。もし、演奏経験があって空いた時間もあるのなら、一度講師として活動してみてはいかがでしょうか。

 

【常泉礼里先生監修コメント】

初めから完璧を目指す必要はありません。生徒さんそれぞれに寄り添った教え方を考えていくことが重要です。お持ちの知識や経験を生かして、一緒に生徒さんが輝けるお手伝いをしましょう!

関連コラム

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら