エレキギター講師になるためには?収入と仕事内容も解説 | 椿音楽教室

公開日:2021.10.25 更新日:2021.11.04

エレキギター講師になるためには?収入と仕事内容も解説

エレキギター講師になるためには?収入と仕事内容も解説

エレキギターの演奏経験があって、その経験を活かせる職業を探したときに、見つかる職業の一つにエレキギター講師があると思いますが、この記事ではそのエレキギター講師になるために必要な事とエレキギター講師の収入や実際の仕事内容なども解説していきます。

 

エレキギター講師になるためには?

エレキギター講師になるためには、音楽教室で講師として働く方法と、個人で教室を開く2つの方法があります。ここでは、この2つの方法について紹介していきます。

 

音楽教室で講師として働く

まず、エレキギター講師になるための方法として、講師の経験がない方などにおすすめするのが音楽教室で講師として働く事です。大手の音楽教室では、採用試験があったり、講師の経験を求められる事もありますが、大手の音楽教室でなければ、未経験からでも演奏の経験があれば採用してくれる教室もあるので、講師経験がない方にはおすすめです。未経験者向けにその教室で研修を用意されている場合もあるので、一度問い合わせてみても良いでしょう。

 

また、主婦の方や学生の方にも音楽教室で講師として働く事はおすすめです。大手でなければ、雇用形態のほとんどは業務委託やアルバイトである事も多いので、自分の好きな時間に働く事ができます。なので、家事や学業との両立もできるので、空いた時間で講師活動をする事が可能です。もし、主婦の方や学生の方で働く事を迷っていたら、働いてみたい音楽教室に直接働けるかどうか聞いてみたり、求人情報をチェックしてみると良いかもしれません。

 

個人で教室を開く

エレキギターの奏者としてある程度知名度があったり、講師の経験がある場合には、個人で教室を開く事をおすすめします。個人で教室を開いて講師活動をすれば、その教室に通う生徒の月謝のほとんどを自分の収入にできるので、高い収入を期待できます。しかし、それにはある程度のリスクが伴う事も理解しておかなければなりません。個人で教室を開くという事は通ってくれる生徒の集客、集客にかかる広告費、場所代や光熱費、交通費などのランニングコストも自分で負担しなければいけません。十分に集客する事ができないと月々のランニングコストだけがかかってしまい、教室を続ける事ができなくなってしまいます。

 

なので、個人で教室を開く方法は、講師経験がない方にはおすすめできません。ですが、現在はインターネットの発展でYouTubeやSNSを活用した集客も可能になっているので、以前よりも簡単に集客できるようになっているのも事実です。また、オンラインで講義を行う事もできるので、月々のランニングコストを大きく減らす事もできます。なので、自分で生徒を集める事ができるのであれば、一度挑戦してみても良いかもしれません。もし、成功すれば大好きなエレキギターの演奏に関わりながら、大きな収益を期待できますよ。

 

講師として必要な事

エレキギター講師として活動するにあたって必要になる事が、生徒に寄り添う事です。音楽教室に通う生徒は、子供から大人、サラリーマンの方や学生、主婦の方などさまざまな方がいらっしゃいます。その生徒それぞれにやりたい事や課題として感じている事も違います。そのやりたい事や課題を解決してあげられるように、生徒一人一人と対話して適切な指導を行う事が大切です。もし、講師から一方的な指導をしてしまうと生徒のモチベーションが下がってしまい、教室に通ってくれなくなったり、エレキギターの演奏自体をやめてしまうかもしれません。

 

エレキギター講師の収入

エレキギター講師の収入は、雇用形態にもよりますが、大手の音楽教室でない場合は時給1,500円~2,000円である事がほとんどで、年収にして100万円~200万円程になります。先程述べたように、この働き方は主婦の方や学生の方におすすめですが、既にバンド活動を行っていたり、本業が別にある方にもおすすめです。好きな時間に働ける事が魅力です。

 

大手の音楽教室で働く事ができれば、年収で300万円~400万円である事がほとんどですが、正社員での雇用がほとんどなので、週5の9:00~18:00などで働く必要があります。なので、自分のライフスタイルや目指している講師像に合わせて、働く教室を選ぶ事が大切です。

 

エレキギター講師の仕事内容

エレキギター講師の主な仕事内容は、生徒にエレキギターの演奏方法を教えるレッスンがほとんどですが、音楽教室によっては、生徒のスケジュールの管理、楽譜の用意、イベントなどの企画なども仕事内容としてある場合もあるので、事前に採用担当者に聞いておいた方が良いでしょう。

 

エレキギターの魅力を伝られる職業

エレキギターを演奏する人と同じように、エレキギターの講師もエレキギターの魅力を人に伝えられる職業です。生徒の知らないエレキギターの魅力は沢山あると思います。その魅力を自分の肌で実感させてあげられるのは講師だけです。

 

人前で演奏することは引退してしまっている方や主婦の方などでも、生徒に寄り添う事ができればこの魅力は十分に伝えられると思います。講師として働く事を迷っているのであれば、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連コラム

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら