コントラバス講師になるために必要な事や気になる収入などをご紹介 | 椿音楽教室

公開日:2021.10.25 更新日:2021.11.04

コントラバス講師になるために必要な事や気になる収入などをご紹介

コントラバス講師になるために必要な事や気になる収入などをご紹介

コントラバス講師になるために必要な事とは

何よりも、生徒とのコミュニケーションを大事にし、それぞれに合わせた指導をすることが求められます。
生徒たちに寄り添って課題や問題点をいち早く見つけ出して指導できること。そしてコントラバスの楽しさを伝えられるかといった、人間性や講師としての適正が最も必要です。

また、学校の教師として講師を目指す場合は教員免許が必要となりますが、音楽教室の先生を目指す場合は、特別な資格は必要ありません。
音楽教室によって異なりますが、演奏経験のある方から、音楽大学でコントラバス専攻している方など、応募条件は様々です。
まずは音楽教室の求人サイトやホームページを確認し、コントラバス講師を募集している音楽教室を探してみましょう。

コントラバス講師になる具体的な方法

具体的にどうやってコントラバス講師になるのでしょうか?具体的にみていきましょう。大きく分けると2点あります。

音楽教室の講師として働く

コントラバス講師として活動する方法の一つは、音楽教室のコントラバス講師として働く事です。
コントラバス単体で募集をかけている音楽教室は多くなく、音楽講師のひとつとしてコントラバスの講師を募集している場合が多いです。
(もちろん、コントラバスをメインに募集をかけている音楽教室もございます) また、採用に関して条件は様々で、学歴や講師経験の有無を問わない音楽教室は多くあります。
上述の通り、音楽を楽しむこと、その楽しさを生徒にも伝えてあげることが必須条件です。
 講師の業務を通じて、ご自身のスキルアップ向上だけでなく、生徒と共に成長していきたいと考えている方は、まずは音楽教室の講師として働くことをお勧めします。

個人でコントラバス講師として活動する

コントラバス講師として活動する方法のもう一つは、個人で音楽教室を開くことです。
ただし、個人で講師として活動するには、講師経験があることが必須です。
そして、音楽の専門性の他、柔軟で幅広い視野と適切な社会性を備えており、問題解決や知識追求に対する意欲と行動力を持っている必要があります。
そのため、音楽教室での講師経験を積んで、次のステップに挑戦したい方にお勧めします。

また、個人で活動する場合、生徒の集客や教室の用意、経営マネジメント能力など、音楽知識や技術以外に求められる要素が多くあります。
コントラバスが好きであることや、生徒の成長を楽しむことだけでは、個人として活動することが難しいことは注意しておきましょう。
前向きに個人経営を考えたい方は、音楽教室に所属している間に、その音楽教室の経営者に相談するなど、個人として活動するために必要な知識や難しさを理解したうえで挑戦することをお勧めします。

コントラバス講師の収入や勤務時間

気になる収入や勤務時間について解説いたします。

コントラバス講師の収入

業務委託やアルバイトの場合が多く、時給制のケースがほとんどです。社員として働く場合は月給制です。
時給制の音楽教室の給与は、時給1000円~3000円、月給制の場合は、20万程度が相場です。

収入面に関しては、それぞれメリット・デメリットはありますが、どちらを選択するかは、ライフスタイルに合わせて選択するのが良いでしょう。
隙間時間を利用した働き方や兼業で講師になりたい場合は時給制の音楽教室を選択、専業としてがっつり講師に携わりたい方は社員として働くことがお勧めです。

コントラバス講師の勤務時間

業務委託やアルバイトとして働く場合は、週1日・1時間など、低頻度であっても、音楽教室と相談して自由に選択することができます。
一方、社員として働く場合は、シフト制ではあるものの、サラリーマンと同程度の勤務体制を求められます。
細かい勤務時間帯は音楽教室によって様々ですので、自分が求める働き方に合わせて、音楽教室と相談して選択するようにしましょう。

収入・勤務時間ともに共通して言えることではありますが、自分の働きたい働き方に合わせることができます。
副業や空き時間を利用して講師として活動する、もしくは専業で働くといった自由度は高い点は大きなメリットであると言えるでしょう。

現在、椿音楽教室でも講師の追加募集を行っています。少しでも気になったら下記のページにてお気軽にお問合せくださいね♪

【追加募集】講師募集のお知らせ♪(https://tsubaki-musicschool.com/event/topics/campaign/p21825/

コントラバス講師の仕事内容

コントラバス講師として生徒の指導をメインとする場合が多いですが、音楽教室によっては、音楽教室主催の演奏会出演、伴奏、その他イベントなど様々な業務に関わることができる場合もあります。
そのため、講師の仕事を通してご自身のスキルアップにも繋げることが可能となります。

また、音楽教室に参加される生徒の年齢層は幅広く、目的やレベルも様々です。
前述しましたが、生徒一人一人に合わせたモチベーションの維持や、生徒とのコミュニケーションを大切にして従事するようにしましょう。

コントラバスは縁の下の力持ち?

コントラバスはチーム弦楽器の中で一番大きな楽器であり、太くて低い音が特徴です。
いつもは最低音域を担当しており、音楽を支える縁の下の力持ちですが、ソロを演奏することもあります。コントラバスの太くて暖かい音色を生かした作品や、大きな楽器の指板を駆け巡るような超絶技巧を求められる作品も多く残されています。
このように、コントラバスの役割は幅広いです。
コントラバスの楽しさや魅力、やりがいを伝えたいという方はぜひ一度、講師として働いてみてください。

関連コラム

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら