ヴァイオリン講師になるには?年収や仕事内容、講師として働く方法を紹介 | 椿音楽教室

公開日:2021.11.05 更新日:2021.11.05

ヴァイオリン講師になるには?年収や仕事内容、講師として働く方法を紹介

ヴァイオリン演奏者やこれからヴァイオリンを習い始める方にとって、ヴァイオリン講師はヴァイオリンの魅力を伝えられる良い仕事ですよね。しかし、「どうすればヴァイオリン講師になれるの?」「ヴァイオリン講師の年収はどれくらい?」「ヴァイオリン講師の仕事って大変?」と気になっている方も多いと思います。

 

そこで今回は、ヴァイオリン講師になる方法、年収や仕事内容、講師として働く方法について紹介します。なので、最後までお読みいただくことで、ヴァイオリン講師として働く上で大切なことが理解できるでしょう。ぜひ最後までお付き合いください。

 

ヴァイオリン講師の年収や勤務時間

いざヴァイオリン講師を目指すとなると、収入事情や勤務時間はとても気になりますよね。なので、ここではヴァイオリン講師の年収と勤務時間について紹介します。

 

ヴァイオリン講師の年収・給料

ヴァイオリン講師になる方法は複数ありますが、音楽教室で働く場合、月収は概ね20万円ほどになります。ただし、ヴァイオリン講師は時給制やレッスン1回あたりの歩合制などのケースも多く、働き方により収入事情は大きく異なります。あなたが人気のヴァイオリン講師になれば、大きく稼ぐことも可能でしょう。

 

また、個人で開業し多くの方を集客できれば収入は青天井。多様な働き方ができるヴァイオリン講師の年収は、個人により大きく差があると言えますね。

 

ヴァイオリン講師の勤務時間

ヴァイオリン講師の勤務時間は、指導する生徒の年齢や職業などの属性により異なります。

なぜなら、生徒がヴァイオリンを習うことができる時間帯に合わせて、講師は開講しなければならないからです。

 

教える生徒が小中学生の子供向けであれば、レッスンは平日の夕方以降に集中するため、22時頃まで働くこともあります。また、主婦向けに開講すれば平日の日中などが主なレッスン時間帯になるでしょう。

 

つまり、あなたがどのような方に向けてヴァイオリンを教えたいか次第で、勤務時間は変動します。ただし、音楽教室のヴァイオリン講師であれば営業時間が決まっており、その中でのシフト制になるのが一般的です。

 

ヴァイオリン講師になる4つの方法

一口にヴァイオリン講師と言っても、その働き方はさまざま。ここでは、ヴァイオリン講師になる方法を4つ紹介します。

 

ヴァイオリン講師として音楽教室で働く

ヴァイオリン講師と言うと多くの方がイメージするのが、音楽教室で働く方法でしょう。

ヴァイオリン講師として指導経験がない場合でも、未経験で採用してくれる教室もありますので、講師として活躍できるか不安な方であっても、研修制度などを利用し経験を積みながら講師として活躍するまでのステップアップにできます。

 

また、主婦や学生の方であってもアルバイトや契約社員、業務委託で自分の好きな時間だけ働くという選択も可能ですね。

 

実績や経験が豊富なら自分でヴァイオリン教室を開講

すでにヴァイオリン講師の経験がある方であれば、個人でヴァイオリン教室を開講するのもおすすめです。

 

個人で開業すると収入は青天井になり、ヴァイオリン奏者や講師としての実績を武器に集客し、成功すれば大きく収入を上げられる可能性があります。実際には、教室として使う場所を借りて始めるケースから、主婦の方の趣味として自宅で開業されるケースもあり、多様な開業方法がありますね。

 

ヴァイオリンのオンライン講師になる

近年ではIT技術が発達したこともあり、ヴァイオリンのオンライン講師として働く方法もあります。zoomなどのオンラインビデオチャットサービスを利用し、オンラインで繋ぎながら指導したり、Youtubeでレッスンを配信したりすることも可能です。

 

さらに、SNSで情報を発信しながら集客することもできますので、気軽に始めやすいのが特徴。ヴァイオリン奏者として活躍していて将来的に講師として働きたい方は、SNSを通した発信活動などに関しては、今すぐにでも始められますので、将来的に講師になる際の見込みのお客様を確保できますね。

 

副業でヴァイオリン講師として働く

ここまで、ヴァイオリン講師になる方法を3つ紹介しましたが、それぞれの方法を副業として始めるのも一つの方法です。

 

ヴァイオリン講師になっても続けられるか自信がない、今は他の仕事をしているのでヴァイオリン講師に転職するのは難しい、という方にもおすすめです。ヴァイオリン講師は、正社員としての働き方だけでなく契約社員や業務委託などで時給制やレッスン毎の歩合制で働くこともできるので、柔軟に働き方を選べます。

 

ヴァイオリンが好きで、少しでもヴァイオリンに関わる仕事をしたい方にとって、副業としてヴァイオリン講師になる方法はとても魅力的ですよね。

 

ヴァイオリン講師の仕事内容

ヴァイオリン講師の主な仕事内容は、主に下記が挙げられます。

 

・教室や自宅、オンライン上でレッスンを行う

・指導カリキュラムの構築

・ヴァイオリン指導教材の制作、販売

・集客活動

・ヴァイオリン教室の運営に関わる管理業務

・ヴァイオリン発表会の開催や運営等

 

ヴァイオリン講師の主な仕事はヴァイオリンのレッスンを行うことですが、働き方次第で仕事内容は幅広くなります。講師として業務委託やパートでレッスンのみを行う場合もありますが、音楽教室で働く場合は店舗運営に関する管理業務から、カリキュラムの構築から教材の販売まで幅広くなる可能性があるでしょう。

 

また、ヴァイオリンの発表会など生徒が人前で披露する機会を作ることも必要です。発表会で演奏することは生徒のモチベーションにもなり、ヴァイオリンの魅力を多くの方に発信することにもつながります。

 

ヴァイオリン講師として大切な仕事は、レッスンを通して技術を教えるだけでなく、生徒のモチベーションを高く維持しさらに成長してもらうことです。生徒のなりたい姿や目標を明確にし、ヴァイオリンの指導を通して人としての成長を促すことも大切な役割ですね。

 

ヴァイオリン講師になるために押さえたい3つのポイント

ヴァイオリン講師として活躍するには、演奏が上手いだけでなく魅力的な先生になる必要があります。ここでは、魅力的なヴァイオリン講師として活躍するために大切な、押さえたいポイントを3つ紹介します。

 

音楽大学や音楽の短期大学など専門の学校を卒業する

ヴァイオリン講師になるには、音楽大学や短期大学、専門学校を卒業していることが望ましいです。音楽教室への就職であれば、経歴から判断されることがあるからです。

 

必ず必要というわけではありませんが、学校に通うことでヴァイオリン講師として信用を得られるだけでなく、音楽やヴァイオリンを体系的に音楽を学ぶことにも役立ちます。

 

ヴァイオリン演奏の基礎と技術を磨く

ヴァイオリン講師として働く上では、当然ながら演奏の技術が求められます。生徒のレベルに合わせて教えるためには、基礎から学ぶことがとても大切。音楽に関する基礎的な知識も学ぶことで、生徒に教える際にも役立ちます。

 

その上で演奏の技術を磨き豊富な実績を得られれば、個人で開業する際のアピールポイントになります。

 

人に教える力を身につける

ヴァイオリン講師になるには、演奏技術だけでなく先生として人に教える力がとても大切です。どれだけ高度な技術を有していても、それを噛み砕き生徒に伝えられなければ講師としては活躍できません。

 

ヴァイオリンに限らず人に教える経験をし、伝える能力を磨いておくことがおすすめです。

 

ヴァイオリン講師は魅力を伝えられる素敵な仕事

ヴァイオリン講師は、ヴァイオリン奏者にとって魅力的な仕事です。しかし、講師として活躍するにはヴァイオリン奏者としての技術だけでなく人に教える力が求められます。

 

ヴァイオリン講師として働きたいけど不安がある方は、まずは音楽教室で経験を積むことがおすすめ。まずは、あなたの希望に合う求人があるか探してみましょう。

関連コラム

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら