歌が上手くなる方法や上達する方法を徹底解説 | 椿音楽教室

公開日:2022.01.16 更新日:2022.07.14

歌が上手くなる方法や上達する方法を徹底解説

歌が上手くなる方法や上達する方法を徹底解説

「友人や知り合いの方とカラオケに行くのが苦手」「人前で歌を歌えない」という方のために、この記事では、歌が上手くなる方法や上達する方法を解説していきます。

声楽・ボーカル教室について、興味がある方は下記のバナーよりレッスン内容をご確認ください。
ボーカル・声楽教室

歌が上手い人の特徴
歌が上手い人の特徴

歌が上手くなるには、まずは歌が上手い人の特徴を理解しましょう。歌があまり上手くない方に多いのは、なんとなく歌を聞いて上手いかどうかは理解できるが、どうして上手いのかなどを言語化できないことが多いです。

そのため、歌が上手いと思われる人の特徴を以下で、紹介していきます。

正確に音程を取れる

どんな歌や曲でも、必ず音程があります。歌が上手い人はこの音程が正確に取れています。逆に、音痴と言われる方はこの音程が正確に取れていないことが多いです。

「あなたが歌うと違う曲に聞こえる」などを友人から言われたことはありませんか?そのようなときには、音程が正確に取れていないことが予想できます。

リズム感がある

音程と同じように、曲にはテンポやリズムがあります。歌が上手い人の歌い方にはこのリズム感があり、聞いていて一緒に歌いたくなるような気持ちになります。

例えば、好きな曲に合わせて手を叩いてみてください。その手を叩くタイミングと歌を歌うタイミングが重なりませんか?そのタイミングというのがリズムです。このリズム感を身に着ければ、歌が各段と上達しますよ。

十分な声量がある

どれだけ音程やリズム感が合っていても、声量がなければ魅力的な歌には聞こえません。そのため、歌で相手を魅了するには声量が必要になります。

歌が上手い人の声には、伴奏に負けないくらいの声量があるので、聞き返してみると良いかもしれません。また、歌が上手くないと自分で思ってしまい、自信がないように歌うとさらに下手に聞こえてしまうので、自信を持って歌うことが大切です。

歌が上手くなる練習方法

歌が上手くなる練習方法

歌が上手くなるには、自分の声を理解して自分の体を上手く使って効率的に声を出す方法を探す必要があります。

以下では、自分の声を理解し、歌が上手くなる練習方法を紹介していきます。

自分の声を録音して聞いてみる

自分の声を聞いてみることは歌の上達において、必要不可欠な練習です。カラオケなどで歌っている自分の声を聞いて、前述した歌が上手い人の特徴と比べて、何が出来ていないのかを確認してみてください。

もし、音程が正確に取れていないのであれば、原曲を聞き返して音程を確認したり、ゆっくりと歌ってみることで徐々に慣れていくこともできます。まずは、自分の歌を理解することが大切です。

自分と声や音域の近いアーティストの曲で練習する

自分の声が理解できたら、自分の声と似ていたり、音域の近いアーティストも理解できると思います。自分の歌いたい曲があるかもしれませんが、あまりにもかけ離れていると初心者では歌うことが難しい曲もあります。

そのため、まずは自分が最も歌いやすい曲を理解し、その歌を練習しながら音程やリズムなどの基礎的なことを身に着けていきましょう。

練習したい曲を何度も聞く

練習する曲が決まったら、その曲を何度も聞きましょう。何度もその曲を聞いてメロディや歌詞が自分の体に染みつけば、自然と音程を理解できるようになります。

まずは、自分の持ち歌を作って、その曲を完璧に歌えるようにすることが上達への近道ですよ。

マイクの持ち方も重要

上手に歌を歌うには、マイクの持ち方も重要です。マイクとの距離が近すぎたり、逆に遠すぎても上手く声を拾ってくれません。そのため、マイクと適切な距離を保ちながら歌えるようにしましょう。

また、正しくマイクを持とうとすると、自然と姿勢も良くなると思いますが、歌うときには背筋を伸ばした綺麗な姿勢で歌うことが大切ですよ。姿勢が悪いと声も出ずらく、喉を痛めてしまうこともあります。

歌の練習は無理をしないことが大切

ここまで、歌が上達する方法を紹介してきましたが、歌の練習では無理をしないことも大切です。

歌の練習をしすぎてしまい喉を痛めてしまうと、綺麗に歌うことが出来なくなってしまうかもしれません。そのため、喉を潤して十分も休ませることも大切です。

初めのうちは、声が枯れる前までの練習で留めておき、段々と練習の時間を伸ばしていくと良いです。喉が鍛えられてくる頃には、声の出し方も理解できるようになるので、そこからの上達は速いです。

 

まとめ

人前で歌が歌えないと辛いですよね。しかし、歌が下手な人は理解すべきことが理解出来ていないだけで、必ず上手く歌えるようになります。まずは、この記事で解説した歌の上手い人の特徴を理解して、自分の歌と比較してみて何が足りないのかを理解してください。

そこからは、その足りない部分を補うトレーニングをおこなえば良いのです。もし、自分で何が足りないのか分からなかったり、どうしたらいいのか分からないときには、音楽教室に通って講師の方にアドバイスを貰うことが一番効率的です。

 

ボーカル・声楽教室

この記事を監修した講師

樋口舞

歌手・作詞・作曲家・音楽講師 2000年1月から2011年11月まで、ロックバンド、歌姫楽団の歌姫として活動。作詞・作曲・ボーカルを担当。古き良き物や「和」の心を愛する。幅広いジャンルの要素を取り入れた懐かしくて新しい楽曲が特徴。それ故に、客層も性別、年齢、国籍を問わず幅広い。2006年メジャーデビュー。歌姫楽団解散後、ソロ活動を開始。ライブ活動を中心に様々なアーティストへの楽曲提供や舞台音楽、稲川淳二の怪談ナイトへの出演等、活動の幅を広げ日々輝きを増している。音楽講師歴15年。

楽器

ボーカル

【樋口舞先生監修コメント】

大切な事をひとつひとつコツコツと続けていく事が自由に楽しく歌を表現する事に繋がってきます。上手くいかない時にも落ち込まずに、通過点だと思って焦らずに練習をする事が大切だと思います。

関連コラム

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら