ギターに挫折する人の特徴や挫折しないようにする方法を紹介! | 椿音楽教室

公開日:2022.04.23 更新日:2022.06.03

ギターに挫折する人の特徴や挫折しないようにする方法を紹介!

ギターに挫折する人の特徴や挫折しないようにする方法を紹介!

「ギターは挫折しやすい」「ギターは挫折する人が多い」と聞いたことはありませんか?

 

ギターは挫折する人も多いですが、正しい練習方法で練習を継続できれば、誰でも上達できる楽器です。

 

これからギターを始めようと思っている方は、この記事で説明するギターを挫折する人の特徴や挫折しないようにする方法を理解して、挫折せずに長くギターを続けられるようにしましょう。

レッスンについて、興味がある方は下記のバナーよりギター教室の内容をご確認ください。
ギター教室

 

ギターは挫折する人も多い

ギターは挫折する人も多い楽器です。

 

ギターは価格があまり高くないことから、始める方の中には楽器初心者も多くいます。しかし、その中には正しい練習方法を知らずに始め、モチベーションを保つことができずに挫折してしまうケースも多いです。

 

ピアノやバイオリンと比べて、最初にかかる費用を抑えられるため、気軽に始めることができます。しかし、きちんと目標を立てたり、練習方法を調べてから始めなければモチベーションを維持するのは困難です。

 

ギターを挫折する人に多い特徴

ギターを挫折する人には共通する特徴があります。

 

以下では、ギターを挫折する人に多い特徴を紹介していきます。

 

地道に練習するのが苦手

まず、地道に練習するのが苦手な人はギターも挫折しやすいです。

 

ギターに限らず、楽器の上達には地道に練習を続けていくことが重要になります。

 

そのため、初めは躓くことも多く、楽しめるようになるまで時間がかかるかもしれません。ですが、自分なりに楽しめる方法を見つけて毎日少しずつでも練習をすることが大切です。

 

また、1日4~5時間毎日練習をするなど無理をしてしまう方もいます。このような無理な練習をすると、負担を感じてしまい続けるのが難しくなるため、1日の練習時間は無理のない範囲で決めましょう。

 

目標を決めずに衝動的に始める

ギターを挫折する人に多い特徴の2つ目は、目標を決めずに衝動的に始めるということです。

 

目標を決めないまま衝動的に「ギターを弾けるようになりたい」と思い、始めてしまうと思い通りに弾くのが難しく、挫折に繋がりやすいです。

 

ギターを始める際は、きちんと目標を立てることでモチベーションを保つことができ、挫折しにくくなります。

 

また、目標を立てる際には、自分のレベルにあわせた目標と、最終的にどうなりたいかの目標の2つを立てると良いでしょう。自分のレベルにあわせた目標を立てることで、2つ目の目標に段々近づいているという実感を得ることができます。

すぐに成果が出ると思っている

ギターを挫折する人に多い特徴の3つ目は、すぐに成果が出ると思っていることです。

 

ギターに限らず、楽器は長い時間をかけて上達していくため、なかなか成果が出たと感じることができないでしょう。そのため、すぐに成果が出ると思って始めると、挫折しやすい傾向にあります。

 

毎日コツコツ、自分のペースで練習をしていくのが、ギター上達への近道です。すぐには成果を感じられませんが、ゆっくり少しずつ成長していきましょう。

 

独学で練習を始める

ギターに挫折する人に多い特徴の4つ目は、独学で練習を始めることです。

 

ギターは独学でも上達することができます。しかし、そのためには正しい練習方法と高いモチベーションが必要です。独学でも上達できると聞いて、気軽にギターを始めて挫折してしまう人が多いです。

 

正しい練習方法を知らないと、どうやって練習していけば良いのか分からずに挫折してしまいます。

 

また、独学の場合は指導者がいないためアドバイスを受けることができません。自分自身でできていないところを確認し、改善していく必要があります。そのためには自分自身を客観的に見つめることも重要です。

 

ギターを始める際には、音楽教室に通ってギターを始めることをおすすめします。マンツーマンレッスンをおこなっている教室であれば、個々のレベルにあわせた練習内容を考え、アドバイスをもらうことができます。

 

週に何度も通う必要はなく、月に1~2回通いながらそのレッスンで見つかった課題を随時クリアしていくと、効率的に上達することができます。

 

ギターに挫折する主な理由を紹介

ギターを挫折する主な理由はご存知でしょうか。

 

ギターを挫折する主な理由には、以下で説明する4つの理由があります。

 

コードを上手く弾けない

ギターに挫折する理由の1つ目は、コードを上手く弾けないことです。

 

ギターの演奏では、楽譜ではなくコード譜と呼ばれるコードを見て演奏します。そのため、演奏するためにはコードを覚える必要があり、そのコードを練習しなければなりません。

 

このコードの練習を疎かにして、曲の練習に入ってしまうと上手く弾くことができずに、挫折することが多いです。そのため、ギターを始める際には、コードの練習を重点的におこなうようにしましょう。

 

正しい練習方法を知らない

ギターに挫折する理由の2つ目は、正しい練習方法を知らないことです。

 

ギターは間違った方法で練習すると上達しづらいです。また、独学で始める際には、教えてくれる人や指摘してくれる人がいないため、間違った練習方法に気付くことができません。

まずは、弦を押さえる指や弦を弾く指の練習からおこなうと良いでしょう。

 

騒音対策をしていなかった

ギターに挫折する理由の3つ目は、騒音対策をしていないことです。

 

ギターは想像しているよりも、大きな音が出ます。そのため、自宅で練習する際は騒音対策をする必要があります。近所迷惑になってしまうため、騒音対策についても考えておきましょう。

 

自宅で音を出す練習が難しければ、エレキギターやエレアコのようなアンプから音を出すギターを練習すると良いかもしれません。また、自宅ではなく、カラオケで練習するのもおすすめです。カラオケの場合には、練習したい曲を流しながら練習できるのもメリットの1つです。

 

弾き語りが上手くできない

ギターに挫折する理由の4つ目は、弾き語りが上手くできないことです。

 

ギターの弾き語りに憧れて、ギターを始める方も多いです。しかし、ギターの弾き語りをできるようにするには、ギターの練習と歌の練習の2つを両立させなくてはいけません。

 

さらに、弾き語りをする際にはギターで伴奏を弾きながら、メロディーを歌うため、ギターや歌のどちらかの経験がある方でもきちんと練習する必要があります。

 

このことを理解せずに始めてしまい、「難しすぎる」と感じて挫折してしまう方が多くいます。弾き語りをする場合でも、正しい方法での練習を継続すれば上達できるため、きちんと目標を立てて始めるようにしましょう。

 

ギターを挫折しないようにする5つの方法

ギターを挫折しないようにする5つの方法

ギターをこれから始める方は、ギターを挫折しないようにする方法も知りたいでしょう。

 

そのため、以下ではギターを挫折しないようにする5つの方法を紹介していきます。

 

練習を楽しむ

ギターを挫折しないようにする方法の1つ目は、練習を楽しむことです。

 

先述したように、ギターを挫折せずに上達させるには、継続することが重要です。そして、継続するためには練習を楽しむことが必要になります。

 

そのため、練習は楽しめるようにしましょう。具体的には、自分の好きな曲の練習をしたり、無理のない練習をしたりするなど簡単なことです。

 

練習を楽しむことができれば、ギターへのモチベーションも維持しやすくなり、上達も早いですよ。

 

毎日少ない時間でも練習する

ギターを挫折しないようにする方法の2つ目は、毎日少ない時間でも練習することです。

 

ギターの上達には継続することが必要なため、忙しくても毎日練習することが重要です。10分だけでもギターに触る時間を作ると良いでしょう。

 

逆に、何時間も無理な練習をする必要はありません。自分が継続できるように無理なく練習をしていくことが重要です。

 

目標を立てる

ギターを挫折しないようにする方法の3つ目は、目標を立てることです。

 

ギターを挫折しないようにするには、モチベーションを維持する必要があります。モチベーションを維持するには、成長を感じられるように目標を立てると良いでしょう。

 

直近の目標では、日々何を改善していくのか、どのようなことをできるようにしたいかを考えましょう。最終的な目標は、自分の好きなバンドのギタリストのように演奏したいというような目標で構いません。

 

自分のモチベーションを維持できるような目標を立てられると、練習にも意欲的に取り組め、上達も早くなりますよ。

 

自分1人で練習しない

ギターを挫折しないようにする4つ目の方法は、自分1人で練習しないようにすることです。

 

ギターを自分1人で練習していると、間違いを指摘してくれる人がいないため、間違いに気づかずに練習を進めてしまいます。そうすると、どこかのタイミングで躓いてしまい、挫折する人が多いです。

 

そのため、友達や知り合いと一緒にバンドを組んで練習したり、演奏会に参加したりするとお互いに指摘しあえるため、おすすめです。

 

音楽教室に通う

ギターを挫折しないようにする5つ目の方法は、音楽教室に通うことです。

 

ギターを独学で上達させることもできますが、難しいでしょう。そのため、プロの演奏家に教えてもらうことのできる音楽教室に通うことをおすすめします。音楽教室に通えば、正しい練習方法でいろいろなアドバイスをもらうことができ、挫折しにくいです。

 

また、ギター初心者が音楽教室に通う際には「椿音楽教室」がおすすめです。椿音楽教室であれば、全国200ヵ所以上にある音楽スタジオでレッスンをマンツーマンで受けることができ、レッスン時間も柔軟に決めることができるため、大人の方でも通いやすいです。

 

体験レッスンやオンラインレッスンもおこなっているため、気になる方は参加してみてはいかがでしょうか。

 

※「椿音楽教室」の体験レッスンはこちらから応募できます。

 

まとめ

この記事を読んで、挫折の原因や挫折しないための対策について理解できたでしょう。

 

重要なのは、練習を楽しむことです。楽しむことができれば、モチベーションを維持でき練習を継続することができます。そのため、自分なりに楽しめる方法を模索すると良いでしょう。

 

自分の楽しめる方法を見つけて、上手く練習を継続できれば、ギターは上達できますよ。

 

ギター教室

この記事を監修した講師

神崎正侑

岡山県出身。 ネットでギターの弾いてみた動画を見て興味を持ち高校でエレキギターを初める。 21歳でESPエンタテインメント大阪(音楽専門学校)に入学し音楽理論、技術を学ぶ。 早弾きやテクニカルな技を得意とし卒業後はバンド、バンドサポート(レコーディングなど)、個人の作曲、楽曲提供などで活動中。

楽器

エレキギター、アコースティックギター

【神崎正侑先生監修コメント】

初めは誰しも上手くはいきません。ですが諦めずに練習を積めば上達している実感が湧き、ギターを思い通りに弾けることがとても楽しくなります。 少しでもやってみたいという気持ちがあれば勇気を出して挑戦してみましょう! 専門的な知識や技術を元にしっかりサポートさせて頂きますので一緒にギターライフを楽しみましょう!

関連コラム

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら