子どもにピアノを習わせる際のポイントやかかる費用について解説 | 椿音楽教室

公開日:2022.05.02 更新日:2022.04.11

子どもにピアノを習わせる際のポイントやかかる費用について解説

子どもにピアノを習わせる際のポイントやかかる費用について解説

周りの子ども達もピアノを習っていたり、何か習い事をしているという方も多いのではないでしょうか。

 

そして、自分の子どもにピアノを習わせようか検討している方も多いでしょう。子どもにピアノを習わせる際には、理解しておくべきポイントや費用についても知っておくべきです。

 

そのため、この記事では、子どもにピアノを習わせる際のポイントやかかる費用について解説していきます。

 

子どもにピアノを習わせるのは何歳から?

子どもにピアノを習わせることを検討する際には、何歳から習わせるべきか迷ってしまうでしょう。

 

子どもにピアノを習わせるのは、3歳程度から習わせると良いです。なるべく早いうちから習わせることができれば、絶対音感を身に付けさせることもできます。

 

また、相対音感は大人でも習得できるのに対して、絶対音感は幼少期の頃にしか習得できません。そのため、幼少期の頃からピアノを習わせることには十分メリットがあります。

 

子どもにピアノを習わせる5つのメリットを紹介

子どもにピアノを習わせる方も多いです。そのため、自分の子どもにも習わせるか検討している方もいるでしょう。

 

子どもにピアノを習わせることを検討する際には、習わせるメリットもメリットも理解しておきましょう。以下では、子どもにピアノを習わせる5つのメリットを紹介していきます。

 

音感が身に付く

子どもにピアノを習わせるメリットの1つ目は、音感が身に付くことです。

 

音感には「相対音感」と「絶対音感」の2種類がありますが、絶対音感は幼少期の頃にしか習得できません。相対音感は大人でも習得できるため、幼少期の頃に身に付ける必要性はありません。

 

しかし、絶対音感は幼少期の頃に習得しておくと、成長してからほかの楽器をやりたいと考えた時にも役に立つ能力なため、習得させておきたいですね。

 

脳の成長に良い影響を与える

子どもにピアノを習わせるメリットの2つ目は、脳の成長に良い影響を与えることです。

 

ピアノの演奏には楽譜を読みながら指を動かす必要があります。そのため、子どもの脳が急激に成長する時期に、ピアノを練習することで右脳と左脳を活用でき、脳の成長に良い影響を与えます。

 

継続できる人間になる

子どもにピアノを習わせるメリットの3つ目は、継続できる人間になることです。

 

ピアノを上達させるには、子どもに限らず継続して練習することが必要になります。幼少期の頃からピアノの練習を始めて、継続することを当たり前のようにできるようになっておくと、成長してから何かほかのことに挑戦するときにも継続して努力できる人間になれるでしょう。

子どもを継続して音楽教室に通わせるためにも、親のサポートは必要になりますが、その分のメリットもあります。

 

学校以外の繋がりが増える

子どもにピアノを習わせるメリットの4つ目は、学校以外の繋がりが増えることです。

 

ピアノを習う際には、教えてくれる先生との繋がりは勿論できます。しかし、ピアノを習わせることでできる繋がりは、それだけではありません。

 

ピアノを習わせると、発表会やコンクールに参加することもあるでしょう。その際には、その発表会に参加しているほかの教室に通う子どもや、先生との繋がりもできます。

 

そうすると、社会の中でどのようにコミュニケーションを取るべきなのか、然るべきマナーを知ることができます。

 

子どもの自信になる

子どもにピアノを習わせるメリットの5つ目は、子どもに自信になることです。

 

ピアノを演奏できるようになると、子ども自身のアイデンティティとして、ピアノを弾けると自信を持たせることができます。

 

また、小学校や中学校では、音楽発表会する際にピアノを演奏できる子が、伴奏を担当することが多いため、クラスの中でも中心的な存在になることもできるでしょう。

 

子どもにピアノを習わせる際にかかる費用を理解しよう

子どもにピアノを習わせる際にかかる費用を理解しよう

子どもにピアノを習わせる際には、かかる費用を理解しておくことも大切です。それは、かかる費用を理解せずに通い始めてしまい、家計が苦しくなってしまうと、通うことを続けられないからです。

 

そのため、以下では、子どもにピアノを習わせる際にかかる費用を紹介していきます。

 

子ども向けの音楽教室の習い事にかかる費用は?

子ども向けの音楽教室の習い事にかかる費用は、地域や年齢によっても異なりますが、1ヶ月5,000円~1万円であることが多いです。

 

しかし、入会金や教材費が別でかかることもあります。そのため、かかる費用を詳しく知りたい方は、気になっている音楽教室に聞いてみると良いでしょう。

 

ピアノを習わせるのにピアノは購入した方が良いのか

子どもにピアノを習わせる際には、ピアノはできるだけ購入した方が良いです。しかし、必ずしも必要という訳ではありません。

 

子どもに早く上達してほしいと考えているのなら、ピアノを購入して自宅でも練習できるようにしておくと良いでしょう。レッスンの時間だけでは、なかなか上達できません。

 

また、ピアノを買うなら、アップライトピアノか電子ピアノがおすすめです。アップライトピアノは本格的な演奏感を味わえる自宅用のピアノですが、価格が高かったり、重量が重いため、自宅に設置できないこともあります。

 

反対に、電子ピアノは価格も比較的安価で、スペースも大きく取ることはないため、自宅でも設置しやすいでしょう。どちらのピアノを購入すべきかを迷っている際には、音楽教室の先生に相談して決めても良いです。

 

コンクールや発表会には参加費がかかる

子どもにピアノを習わせる際には、コンクールや発表会にも参加費がかかることを理解しておきましょう。

 

コンクールや発表会に参加すると、子どもの成長を自分の目で見ることができます。また、子ども自身も発表会に向けて努力することも多いため、なるべく参加させたいですよね。

 

しかし、コンクールや発表会に参加するには、月のレッスン費とは別に参加費がかかることが多いです。価格は5,000円~2万円程度であることが多いです。また、遠出や宿泊が必要になることはあらかじめ、認識しておきましょう。

 

子どもにピアノを習わせる際の教室の選び方

子どもにピアノを習わせる際の教室の選び方

子どもにピアノを習わせる際には、教室の選び方も知りたいと思うでしょう。

 

そのため、以下では、子どもにピアノを習わせる際の教室の選び方を紹介していきます。

 

大手の教室か個人の教室かを決める

まずは、大手の教室に通うか、個人の教室に通うのかを決めましょう。

 

大手の音楽教室には先生になるために採用試験を設けていることが多く、先生のレベルは一定の水準を保てているでしょう。反対に、個人の音楽教室には試験や必要な資格などもありません。

 

しかし、子どもに教える際には、ピアノの教え方は勿論、子ども自身のやる気を引き出すような指導をする必要があります。そのため、体験レッスンに参加して、どのように子どもに教えているのかを実際に見てみることをおすすめします。

 

演奏実績のある先生がいる教室にする

ピアノを習わせる際には、演奏実績のある先生がいる教室を選ぶことも重要です。

 

先述したように、大手の音楽教室は採用試験がありますが、先生の演奏実績などが必要になる訳ではありません。そのため、個人の教室に通わせる場合だけではなく、大手の教室に通わせる際には、演奏実績のある先生に教えてもらえるのかを確認しましょう。

 

また、子どもに教える能力と演奏実績は関係ないため、演奏実績があるからその先生が良いという訳ではないことも理解しておきましょう。あくまでも、上達させるために演奏実績がある先生のが良いだけです。

 

通いやすい教室にする

ピアノを習わせる際には、通いやすい教室にすることも大切です。

 

先述したように、ピアノを上達させるには、継続して練習することが重要です。そのためには、通いやすい教室を選ぶことも必要になるでしょう。

 

自宅や職場から子どもを送り迎えしやすい立地にある教室や無理のない料金設定の教室にするなど、通わせてあげやすい教室を選ぶようにすると良いです。

 

子どもにピアノを習わせる際のポイント

子どもにピアノを習わせる際には、3つのポイントを押さえておくと良いです。

 

子どものやる気を引き出せる先生を選ぶ

まずは、子どものやる気を引き出せる先生を選ぶことです。

 

子どもにピアノを教えることは想像よりも難しいことです。演奏実績があっても、子どもにピアノを教えることのできない先生も多くいます。

 

子どもにピアノを教える際には、長時間の間子どもを椅子に座らせて、興味を持っているか分からないピアノを教えなくてはいけません。そのため、子どもに上手く興味を持たせて、子どものやる気を引き出せる先生を選ぶと良いです。

 

そのような先生を選ぶためにも、体験レッスンに積極的に参加して、実際に子どもに指導しているところを見て、自分の子どもがやる気を持って取り組んでいるかを確認することをおすすめします。

 

自宅でも練習できるようにする

子どもにピアノを習わせる際には、自宅でも練習できるようにしましょう。

 

レッスン時間だけでピアノを上達させるのは、難易度が高いです。音楽教室からも自宅で練習するための課題を与えられることもあります。そのため、自宅で練習するためのピアノを購入したり、騒音対策を考える必要もあります。

 

送り迎えのことも考える

子どもにピアノを習わせる際には、送り迎えのことも考えましょう。

 

小学校に入るまでは、子どもが1人で音楽教室に通うことは難しいです。そのため、親の送り迎えも必要になります。送り迎えをしやすいようにするために、自宅や職場から通いやすい教室にすることが重要です。

 

また、コンクールや発表会に参加する際に、宿泊しなくてはならないこともあるため、スケジュールを調整できるようにしておきましょう。

 

子どもにピアノを習わせるなら「椿音楽教室」

子どもにピアノを習わせるなら「椿音楽教室」に通うことをおすすめします。

 

椿音楽教室では、全国200ヵ所以上にある音楽スタジオでレッスンを受けることができます。また、在籍している先生も演奏実績を持っている先生が多く、その先生のマンツーマンレッスンを受けることができます。

 

レッスン時間も柔軟に決めることができるため、通いやすいでしょう。体験レッスンやオンラインレッスンもおこなっているので、一度参加してみてはいかがでしょうか。

 

※「椿音楽教室」の体験レッスンはこちらから応募できます。

 

まとめ

この記事を読んで、子どもにピアノを習わせる際に知っておくべきポイントや費用についても理解できたでしょう。

 

ピアノを習わせる際には継続することが重要になるため、子どもが継続できるように親がサポートすることも必要になります。仕事や家事をしながら、サポートをするため、負担も大きいでしょう。

 

しかし、子どもが成長した姿を見れたり、大きくなった後に「習わせてくれてありがとう。」と言ってもらえることもあるため、精一杯サポートしていきましょう。

関連コラム

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら