フルート講師になるには?年収や実際の仕事内容まで紹介 | 椿音楽教室

公開日:2021.10.25 更新日:2021.11.04

フルート講師になるには?年収や実際の仕事内容まで紹介

フルート講師になるには?年収や実際の仕事内容まで紹介

フルートが好きで演奏している方にとって、フルート講師はとても魅力的な仕事ですよね。

しかし、いざフルート講師になろうと思っても、

 

「フルート講師になるにはどうすればいいの?」

「フルート講師の年収や、収入事情はどうなの?」

「どのような仕事内容になるのだろうか?」

 

このように気になる方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、フルート講師になる方法と年収や給料事情、仕事内容まで解説していきます。

最後までお読みいただければ、フルート講師になるために大切なことがわかるでしょう。

ぜひ最後までお付き合いください。

 

フルート講師の年収や勤務時間

フルート講師を目指す方にとって、年収や勤務時間は気になりますよね。

実際にはどの程度収入を得られるのか、ハードワークで多忙になる可能性があるのか、詳細を解説していきます。

 

フルート講師の年収・給料

フルート講師の年収は、時給制もしくはレッスンごとの歩合制が多く、講師によってさまざまです。

というのも、フルート講師は教える生徒を集め、その生徒がどれだけ集まるかによって収入は変わるからです。

例えば、報酬の相場としては1レッスン3,000円から5,000円ほどで、自宅やスタジオ、オンラインなどの方法があります。

仮に、月に5万円から40万円ほどの収入であれば、年収は100万円ほどから500万円前後になるでしょう。

フルート講師は「月給20万円」のように決まった給料をもらうことは少なく、安定した給与体系になることは多くありません。

フルート講師は人気で評判の講師になることで、豊かな生活ができる年収になるでしょう。

 

フルート講師の勤務時間

フルート講師の勤務時間は、教える生徒の属性とその数に左右されます。

例えば、子供向けで小中学生に教えている場合は、学校が終わる放課後の夕方に集中します。

一方で、主婦向けであれば平日の日中、社会人の方向けであれば夜の時間帯がメインになるでしょう。

また、フルート講師は抱える生徒の数によってレッスンの回数が変わり、勤務時間も変動します。

多くの生徒を抱えていれば、毎日複数のレッスンを行うことになり、多忙になる可能性もありますね。

フルート講師の勤務時間は、生徒が希望する時間に合わせる必要がありますが、時間の融通が利きやすいというのが特徴です。

ただし、音楽教室でフルート講師になる場合は、働く時間や休日は勤務先次第になるので注意しましょう。

 

フルート講師は、抱える生徒の属性や数により、年収も勤務時間も変動します。

次は年収や勤務時間を考えるのに大切な、フルート講師になる方法について紹介します。

 

フルート講師になる3つの方法

フルート講師と一口に言っても、その働き方はさまざま。

特に、現代では直接対面で指導する形だけでなく、オンライン授業を行うなどの方法があります。

そこで、ここではフルート講師になる方法について4つ紹介します。

 

音楽教室でフルート講師として働く

多くの方がフルート講師としてイメージするのが、音楽教室に勤める方法でしょう。

人気の教室であれば一定の集客が見込め、フルート講師として働きやすい環境になります。

その他の楽器も教えることができれば、フルート講師と兼務し開講でき、対応するレッスンも増える可能性がありますね。

また、一般的には店舗のスタッフと講師の仕事は分かれていますが、音楽教室によってはそれらを兼務する場合もあります。

そのような職場であれば、フルート講師として働きながら収入が安定しやすくなるでしょう。

ただし、音楽教室の講師は、採用にあたって一定の基準が設けられています。

そのため、面接や実技試験、必要資格の有無などを通過する必要がありますね。

 

経験豊富な人は自分でフルート教室を開く

フルート奏者としての経験が豊富な方は、自分でフルート教室を開くのも良い方法です。

有名なフルート講師になれば「○○さんが教える教室」ということで話題を呼び、人気フルート教室になれるでしょう。

個人で開業する教室は一般的に自宅兼教室が多く、できるだけ費用をかけずに営業しているところが多いですね。

 

フルートのオンライン講師になる

フルート講師としての働き方で、ITが発達した現代で増えているのがオンライン講師です。

zoomなどビデオチャットサービスを利用し、生徒に教える形になります。

オンライン講師なら、フルートを弾ける環境であればどこでも講師として働けますね。

また、オンライン上でリアルタイムに教えるだけでなく、カリキュラムを組み撮影し、教材として販売することも可能でしょう。

オンラインのフルート講師を始めるにあたっては必要な準備が少なく、とりあえずフルート講師として働きたい、という方にとっておすすめの方法です。

 

副業でフルート講師として働くのも一つの手段

フルート講師になる方法を3つ紹介してきましたが、生徒を集められるか不安で収入面が心配だという方も多いでしょう。

そのような方におすすめなのが、副業でフルート講師になる方法です。

副業なのでフルート講師として働ける時間は少なくなりますが、別の仕事で安定した収入を得ながらフルート講師として働けます。

また、オンライン授業がメインの教室であれば自宅で対応できるので、副業としての働き方にぴったりです。

 

フルート講師には多様な働き方があり、ご自身の考えに合わせて柔軟に検討できます。

次は、実際にフルート講師になったらどのような仕事内容になるのか、解説していきます。

 

フルート講師の仕事内容

フルート講師の仕事は、教室や自宅、オンラインでフルート演奏を教えることです。

レッスンは、生徒ひとりにマンツーマンで教える個人指導の場合もあれば、レベル別にカリキュラムを組み複数の生徒に教える形式もあります。

 

また、フルート講師は、ただ単にフルート演奏の技術を教えるだけでなく、生徒のモチベーションを維持し長く続けてもらうことも大切な役割です。

生徒それぞれには、趣味としてフルートを弾けるようになりたい、プロのフルート奏者や音楽家になりたいなど、その想いはさまざま。

生徒個別に目標を設定し、計画的に指導していく必要があります。

 

さらに、発表会などの準備もフルート講師の大切な仕事です。

上手になったフルート演奏を披露する機会を、積極的に設けてあげましょう。

そのことで、生徒はフルートを演奏する楽しさをさらに実感できるはずです。

 

フルート講師として働くために大切なこと

フルート講師には、演奏の実力だけでなく、技術を人に教える能力とその熱意が求められます。

あなたが努力して習得してきたフルートの演奏を振り返り、どのようにすれば演奏がうまくなるか、生徒の目線になって考えてあげることが大切です。

 

教えている生徒が小さいお子様で、挫折してしまうこともあるでしょう。

そのような場合も、適切な目標を設定してあげながら、フルートの演奏がより楽しくなるための工夫も必要です。

フルート講師は生徒のことを考え、どのように教えたら良いか、そして生徒のことを思いやる熱意が求められます。

 

フルート講師は生徒の夢を応援できる素敵な仕事

フルート講師は、趣味として学ぶ人に楽しく教えるだけでなく、プロのフルート奏者として活躍したい、音楽家になってさまざまな舞台に立ちたい、と考える生徒たちの夢を応援できる素敵な仕事です。

生徒たちの成功や喜びが、あなた自身の生活を豊かにしてくれるでしょう。

フルート講師は、対面形式だけでなくオンライン教室など、あなたに合う働き方を選べます。

フルート講師として働くために、まずは具体的な求人情報を調べてみましょう。

関連コラム

BLOG

TOP

Studio Search 椿音楽教室は200箇所以上の音楽スタジオでレッスンできます!お近くのスタジオを探す 自宅でレッスンが受けられる! 椿音楽教室のオンラインレッスン受付中 詳しくはこちら